自賠責保険は正式名称で自動車損害賠償責任保険という保険で、略すと自賠責保険と言う保険になります。保険は強制保険と呼ばれ車を車検に出す場合は、決められた車検の期間に効力のある自賠責保険に加入していなければなりません。わかりやすく言えば、全てのクルマに加入義務のある保険ということです。ではその車が自賠責保険に加入したまま売った場合はどうなるでしょうか。強制保険は車検時に更新になるというケースが多数存在しますが、もし強制保険に加入した車を売った場合は保険料が返ってくるということはほとんどないのが普通です。というのは、自賠責保険を一旦消してオーナーに移す作業は多少面倒なのです。ですので自賠責保険は名義を変えて車と一緒に移すというのが基本です。しかしそれと同じだけの価格を商品代に乗せてくれるのです。自動車損害賠償責任保険の場合は自動車税と違って、支払った額を月々で割り算した金額が戻ってくる方法ではなく見積額に乗っける方法が使われることが通常なのですが、この上乗せが見積もりシートに明記されるケースはほとんどありません。ですから、引き取りのときは自動車損害賠償責任保険の分の金額が売却額に入っているかを確認したほうがいいでしょう。あなたが納付した金額がどのくらいの金額かを知っておけば、大丈夫と思います。その自賠責保険にかかる金額については加入期間により異なるため、注意しましょう。クルマの乗り換えの際には自賠責保険の名義を書き換えしなければなりません。仮に名義変更をしないままにしていたら保険会社から自分に自賠責の満了を知らせる便りが届くことになります。あなたが手放すか悩んでいる自動車が少しでもお得に評価されることを応援したいと考えています。